角層の基本機能は守ること

 

角層の基本機能は守ること

例えば、お風呂に使っても、
お湯が肌を通して体内には入ってきませんよね。
なぜなら、肌表面には『バリア機能』があるからです。

 

 

海に入って体内が塩の影響を受けないのも肌の表面でブロックして
体を防御しているからです。

 

このバリア機能は『角質層』と呼ばれる表皮の一番上の部分が担っているのです。
角質層は厚みはわずか0.02mm。

 

ラップほどの厚みの層ですが、そこでは顔の場合約20層の細胞が積み重なり
その隙間をセラミドなどの『角質細胞間脂質』がぴったりと埋めています。
たとえて言えば、レンガ(角質細胞)が幾重にも重なり、それぞれの隙間を
セメント(セラミド)が埋めているような状態です。

 

角層の基本機能は守ること

 

こうした細胞どうしをぴったり密着させる構造によって、
水や異物が肌の中に入り込むのを防ぐという大切な働きをしています。

 

この機能を『バリア機能』とよび、
バリア機能が弱まると、外からの刺激に対して弱くなってしまいます。
結果、肌荒れや様々な肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

 

角質は肌内部の潤いを外に漏らさない
バリア機能には外的刺激から肌を守るだけでなく
肌内部で生じる様々な潤い成分を角層から内側部分に留めて
潤いを守る働きもあります。

 

健康な角層は、約20〜30%の水分を含んでいます。
それは、主に肌が自ら作り出すセラミドなどの
保湿成分によって維持されています。

 

セラミドは単に細胞どうしをくっつける役目だけでなく
保湿物質としてもとても大切な成分なのです。

 

この『セラミド』ですが、老化などで肌内部で作り出す力が弱まると
角層の水分が蒸発し、潤いがない肌になってしまいます。

 

正常なバリア機能を保つには、肌内部でセラミドなどの
保湿成分がきちんと働いていることが不可欠なのです。

 

そのためには、保湿効果のあるしっかりしたお手入れが大切です。

 

 

 

 

 

基底層について・・・表皮の一番下の層で一番重要な場所です。
基底層は薄いシート状の形状をしていて、
『表皮の細胞をつくる工場』として大変重要な役割を担っています。

 

毛細血管から栄養分と酸素が供給され基底層にある
『基底細胞』が細胞分裂をおこします。
そして新しい表皮細胞がつくられターンオーバーのスタート地点となっています。

 

基底層は真皮を守る大切な役目も担っています。
一般的に、表皮はダメージを受けてもターンオーバーをしているので
元に戻りますが、ダメージが真皮まで及ぶと完全には元に戻れません。
そのため、基底層は基底膜と一体になって強い膜のようになり
真皮の線維とも結合し真皮を強力に守っているのです。

 

また、基底層にはシミのもとになるメラニンを生産するメラノサイトがあります。
なぜ、真皮と表皮の境目にあるのかというと、真皮に有害な紫外線が
届かないようにするためメラニンをつくってカーテンのようにブロックしているのです。

 

角層の基本機能は守ること

出典:スキンケア大学 ターンオーバーについて

http://www.skincare-univ.com/article/000006/