MENU

くすみ解消法

『顔色がさえないなぁ・・・』と思うのはどんな時でしょうか?

 

くすみは主観的なもので、人によってどういう状態を
そう感じるかは異なります。

 

では、実際にどんな時にくすみが生じるのでしょう。

 

1.古い角質がたまって角質が厚くなっている場合
一般的には『角質肥厚』と呼ばれる状態で、
古くなった角質が剥がれ落ちずに肌表面に残った状態を指します。

 

ターンオーバーが低下したときなどによく見られます。
角質細胞そのものが、若干黒みを帯びているので
厚くなると灰色がかって見えるのです。

 

 

2.『乾燥』が原因のくすみ
肌は乾燥して水分を失うと、バリア機能が低下します。
そしてそれを補うために角層が厚くなってくるのです。
そして角質肥厚と同じになり、肌が灰色がかって見えるのです。

 

 

3.『血行不良』が原因のくすみ
水分不足などが原因で血流が滞ってしまうと、血色が悪くなり
肌がくもって見えることがあります。

 

 

そのほか、紫外線による軽い日焼けのようなものや
摩擦による炎症性色素沈着なども『くすみ』としてとらえることがあります。
このように、くすみにもいくつもの原因があり、原因によって
さまざまな改善方法があります。
まずは、自分がどのタイプのくすみかを見極めることが大切です。